朝、目覚めるとぎっくり腰になっていた(女性・60代)


ぎっくり腰の症状。60代女性
朝、目が覚めると激しい腰の痛み、なんとか歩けるがかなり痛む。

ぎっくり腰の治療内容と経過

ぎっくり腰は、急性期(約3日)は炎症の可能性があるため痛む腰への鍼治療は行わない。

仙骨の左側が一番痛むと訴えるため、膀胱ラインの委中(膝裏真ん中の経穴)を使って治療。瀉法で鍼をするとほぼ痛みは消える。
来院時、歩くのもやっとだったがお帰りの際に痛み消失。本日の治療は弱刺激で終わる。次回来院は5日以内に来ていただく。初診は応急処置のみ行う。

2回目治療は本格的な痛みを取る内容

まず、背中の起立筋にすじ状の大きなコリあり。首も相当硬い。背中~腰、臀部、首と全体の硬さを鍼で緩める。最後に一番痛む左仙骨へ鍼をする。
以上の治療内容を続けて2回行う。これで痛みはゼロになった。歩行問題なし。

肩や背中のこり

ただし、趣味で楽器を弾くために手や首のこりが長く続いていたようで定期的に鍼治療を受けて頂くようお願いしています。
現在も月に1度のペースで治療。趣味や仕事で楽器を弾く方などは、他の方より肩や腕を酷使している事が多いですから定期的に身体をメンテナンスすることはとても大切です。

東洋医学は隠れた症状を見つけ出す

お客様が鍼灸院に来院される理由は様々。一番つらい症状をまずはお聞きします。

その後、問診や鍼灸治療を続ける中で他の症状やこりなどが見つかります。
少しでもお体の不調や気になる点があれば遠慮なくお知らせください。
特に女性はホルモンバランスの関係で体調を崩すこともしばしばあります。


このページの先頭へ