女性ホルモンの減少による不定愁訴とお体の変化


女性ホルモンが減ると閉経期の前後からお体の変化が表れやすくなります。
特に40代、50代にお体の変化が出やすいです。

更年期の不定愁訴

また、閉経前後10年間を更年期といい「不定愁訴」と呼ばれる様々な症状が出る可能性があります。
一般的な症状としては頭痛、気分の不安定、発汗、体のだるさ、めまい、動悸、肩こり、顔のほてり等。

具体的な症状ですと

  • 外気温がそれほど高くないのに汗が出て止まらない
  • 気分が不安定になってイライラすることが多い
  • 落ち込むことがある
  • 何もやる気になれない
  • 今まで楽しかった趣味のお付き合いが面倒になった
  • 一日中パジャマで過ごして外出する機会が減った等

女性ホルモンの減少に注意

女性ホルモンの司令は脳から出ますが自律神経の乱れが最も影響を受けます。
自律神経の乱れは体温調節、睡眠、呼吸、発汗などの様々なバランスが乱れてきます。

例えて言えば、、、
目覚ましをセットしていないのに時計は勝手にベルを鳴らしているような状態で、いわば機械の誤作動のようなものです。

不定愁訴の症状は人により様々ですがもっと多いのはお肌の乾燥です。
お体の状態を映し出すのは、お顔の肌。人に会うとき 真っ先に見られるお肌の状態でその方の健康状態が分かるものです。

お肌の乾燥によるシミやくすみには女性ホルモンが関係していると言われています。

女性ホルモンの減少

40代中ばから50代は特にこの女性ホルモンの減少が顕著に現れる時期です 。
また、心や体の変化が激しく、この時期に生活習慣や食生活の見直し、お体のケアをなさっていく事が大切です。

女性向けのアドバイスは得意

山本鍼灸院は、自分自身の経験を生かしたアドバイスを行います。


このページの先頭へ