ホットストーンは遠赤外線効果で自己治癒力を高めます


鍼灸の起源は痛みに対して指や手で撫でたり押したり、また【火で温めた石(温石)】を利用したりと所説あります。

当院はオプションでそんな鍼灸起源説の一つ「ホットストーン」を使っています。

ホットストーンに使用する石は温めて使用しアロマセラピートリートメントやロミロミの手技を取り入れて、マッサージをしていきます。 

ホットストーンの利用方法

★ こんな方におすすめです ★

リラクゼーション・冷え性・生理不順・生理痛・肩コリ・腰痛・頭痛・眼精疲労・むくみ・ストレスに・・・

温めたストーンの遠赤外線効果や温かさが、からだの奥深くまで浸透し、まるで温泉に入った後のように血行が良くなります。

ストレスや疲れによる筋肉の緊張を緩和し、人間本来がもつ自己治癒力を高めることができると云われています。

ホット・ストーン・セラピー用のストーンは・・・・・

アメリカのアリゾナやハワイの火山流の中から自然に造られた火山岩の一種である玄武岩や安山岩が使われます。

女性ホルモンアップの精油は?・・・・・

クラリセージ、ラベンダー、ネロリ、など女性にとって大切なホルモンアップの精油を使うことで美肌で健康、若返り!

ラベンダーの効果

女性ホルモンの活性化に!


経絡(気の流れる通路)と経穴(つぼ)


人の体には命をつかさどる「気」というエネルギーの流れがあり、気がスムーズに巡ることで健康が保たれています。

その気の流れる通路を東洋医学では経絡と呼びます。

経穴(経絡の上にある治療点)

経絡の要所要所にあるのが経穴(つぼ)。
例えていえば経穴(つぼ)が駅なら経絡は線路、または気の通路である経絡によって内臓と深くつながっています。

また経穴(つぼ)は気の出口とされ、気の状態があらわれます。

つまり、経穴(つぼ)は圧痛、硬結、陥下、その逆に盛り上がる等の気の状態が現れたときには、その経絡に何らかの乱れや不調が生じていると考えます。

経絡と経穴をあらわす模型

胃の不調には足三里

例えば胃の不調には主に足三里を治療穴に用いますが、足三里を押せば肋骨の下辺り(胃のある場所)が自然と動きます。

このように経穴(つぼ)と内臓は経絡によって網目のようにつながっています。

痛みや不調の個所だけを見るのではなく、経絡と経穴の関係から体全体を見て治療を行うことが鍼灸の特徴です。

自分でつぼ押し

つぼの位置は人によって微妙に違います。

へこんでいたり、むくんでいたりと押して気持ちよいところを探してみてください。

自分でもつぼ押し

疲れたりつらい時に試してみましょう。


患者様とのカウンセリング(問診)を重視する鍼灸院


山本鍼灸院はお客様とのお話を大切にします。

初診の患者様には必ず問診を行い、体質やつらい個所、気になる症状をお伺いしてから治療。

そのため初診の方には予約時間の10分前にご来院いただいています。

まずはカルテの記入から

初診時の問診は約30分

カウンセリング(問診)を大切にする理由

人間の体は一人一人違います。生まれながらの体質・生活習慣・仕事・ストレスなどで個別の問題を抱えています。

そのことを実際の鍼灸治療をする前に把握して、患者様に合ったオーダーメイドの治療を行うことが当院の方針。

しっかりとお客様の状態を把握

問診で患者様の状態を知り、緊張を緩めることが治療の効果を上げます。

健康に良い習慣

分かってはいるけど止められない。
健康のためには、こうした方がいい。何かを止めた方がいい。

分かってはいるものの止められないことって多くありませんか。

私は、患者様の治療を行う中で、無理なことをお願いしようとは思いません。

例えば、質の良い眠りや食事は健康に良い。当り前ですよね。
でも、それが守れこともあります。そこで次善の策として何かできないか小さな改善を積み重ねられないかをご相談いたします。

体全体のトータルケア

一つ例を上げておきます。

水をあまり飲めない方には、まず息を吐くことから始めていただきます。
パソコンや事務作業を仕事にしている方は呼吸が浅くなりがち。

そこで、息を吐くこと。吐けば自然に大きく吸うことになります。

体は、不調の個所だけを治そうとしても難しいのです。
全身で一つの体を作っており、不調を訴えている個所は、どこか他にある問題をカバーして頑張っているのかもしれません。

山本鍼灸院はカウンセリング重視

特に女性ホルモンのバランスには注目してお話しいたします。


心身の不調は不規則な生活による不摂生が原因


体の不調が続く。健康維持したいと思いながらどこかが痛い、調子が悪い方にお知らせいたします。

心身の不調・原因は不摂生

東洋医学では不調の原因は不摂生にあると考えられています。

現代人は便利な生活に慣れすぎていて人間本来の心身の健康を良い状態に保つことがとても難しいのです。

不摂生が不調や病気に

疲労・睡眠不足・食べすぎ・飲みすぎ・冷え・ストレス・運動不足など不規則な生活によって心と体のバランスが崩れた状態が体調不良や病気になりやすい体すべての原因です。

女性の病気・不調は女性ホルモンの変化も理由の一つ

女性の体は年齢で変化します。ホルモンバランスの崩れから今までとは全く(違う)症状が出るなど年代による変化にうまく付き合っていくことが大切です。

また、女性はもともと筋肉量が男性に比べ少ないので冷えやすく、血行不良による肩こり、生理痛、足のむくみなど慢性的な症状にお悩みの方が多いです。

このような方には、東洋医学を基礎として行う鍼灸治療でお体全体の調子を整えて回復を促します。また、定期的に治療を受けて頂くことで年齢とともに変化していく体調の変化にうまく対応できるようになっていきます。

鍼灸治療で体の調子を整える


このページの先頭へ